会社設立と合同会社

会社設立と合同会社という選択肢

会社設立をして新しい事業を行おうとする場合に、選ぶことの出来る選択肢には二種類のものがあります。一つは非常に有名な会社組織である株式会社ですが、もう一つに合同会社と呼ばれる会社組織があります。これら二種類の会社組織にはそれぞれの特徴がありますが、一般的には株式会社が選択されます。広く投資を受けて会社を大きくしていくには便利な仕組みがあるため、基本的な選択肢となっているのが株式会社の特徴であると言えるでしょう。

一方で比較的新しい会社組織である合同会社を選択するケースも近年増加傾向にあります。この合同会社というものは株式会社に比べてあらゆる面で規制が緩いのが特徴であり、株式会社に比べてルールが緩やかであるということが特徴になっています。例えば合同会社は会社設立の段階から株式会社とは異なる仕組みを持っています。株式会社は作成した定款を公証役場に持ち込んで承認を受けなくてはなりませんが、合同会社の場合には定款の作成こそ必要であるものの、作ったものをそのまま届出として使うことが出来ます。また定款に定めておけば会社法の許容範囲であれば自由な会社作りを行うことも出来ます。この点は非常に大きなメリットとして評価されており、柔軟な経営が出来るという点で非常に魅力を感じる人が増えてきています。
一方で会社設立をした後でも合同会社ならではのメリットがいくつかあります。一般に会社設立をしてからは配当という形式で余剰金の処分をするのが一般的です。株式会社であれば所有している株式の数に比例する様な仕組みで配当を出さなければならないという仕組みになっていますが、合同会社の場合には配当は出資金の額に比例する必要はないと定められています。そのため家族経営などの事業形態において細かいことを気にせずに済むという便利な仕組みを提供してくれています。

デメリットとしては配当に透明性も公平性も確保されないために広く投資を募るには向かないという特徴があります。会社設立をしてから不特定多数の人に投資を募り、事業を拡大していこうとする場合には向いていない会社形態であると言うことが出来るでしょう。そのため将来的に会社をどのように成長させていきたいのかというプランに応じて会社組織の形も変わってくるものであると言えるでしょう。必ずしもどちらかが優れているというものではなく、目的に応じて上手に使い分けることが重要であると言えるでしょう。